ディック・フランシス氏死去

作家のディック・フランシス氏が先日亡くなったそうです。
ついこの間まで精力的に新作を発表していたとはいえ、ずいぶんお年でしたからね…

競馬界を舞台にしたミステリーの傑作である以上に、英国式男のダンディズムにあふれた氏の作品。
とにかくカッコよかった。
「証拠」を読んだあとなんか、作中の主人公を気取って、一生懸命シングルモルト・スコッチウイスキーを飲んだものです。

ご冥福をお祈りします。

Amazon Link…「証拠」(ハヤカワ・ミステリ文庫―競馬シリーズ)

| | コメント (0)

草野球日記 2008 vol.11

草野球リーグ戦は、またも連敗…という結果以上に、なんだかオチコミ。

それなりにうまくやれたところ、
結果的にうまくやれなくても自分なりに納得できるところ、
あまりうまくやれなかったところ、
うまくやれないどころか大失敗なところ…

野球ってのはムツカシイ…と思えるだけでも、進歩したということにしよう。
この間までは、ムツカシイも何もよく分かってなかったって感じだもんな~。

相手チームよりスイカ&メロンの差し入れ。
うまい! と舌鼓を打ちつつ…こんなところにもチーム力の差を感じたり。

| | コメント (2)

「プジョー」買っちゃった!

といっても、もちろん車じゃなくて、コーヒーミル
ちゃんと「ライオン」のエンブレムもついてるよ。

20080212

説明↓
フランスの有名自動車メーカー・プジョー社は、今を遡ること2世紀ほど前、その歴史を金属加工業からスタート。
自動車よりも早くに作り始められたコーヒーミルは、現在も世界中で販売され、変わらず高い評価を受けている…
↑説明終わり

とにかく、ハンドルに全く遊びがないのにもかかわらず、回したときの軽さ・スムーズさに驚く。
挽いたコーヒー粉も、これまで使っていたもの(日本製・セラミック刃の小型ミル)よりもより均一な感じ。
全体に、機械製品としての精度の高さが気持ちイイ!
欠点といえば…分解などできそうにないので、掃除や手入れが大変そうなあたりかな。

まずは満足な一品。
コーヒーの味も一段階アップな気がするゾ!

| | コメント (0)

いえそば・2回目

とりあえず、年末の反省を忘れないうちに「いえそば」再チェレンジ。

今回のポイントは…

・つなぎに強力粉
・こねを多めに
・前回よりはやや太めに切る
・打ち粉をたくさん振る
・ゆでる時にあまりかき混ぜない

といったところで、仕上がりの見た目はまあまあ。
しかし食べてみると、いまいちコシのない感じ…
ゆでに時間がかかりすぎたか? 温かい「かけ」で食べたってのもあるけど。

とにかく、三歩進んで二歩下がる。
理想のソバを目指し、精進の日は続く…

20080107
「いえそば」マシン片付け用にと、東急ハンズでナイロン袋を購入。
各種サイズが豊富でうれしい。

| | コメント (0)

ぶっつけ本番年越し「いえそば」

それはそうと、年末といえば年越しそばである。

今年は2004年末以来の手打ちに挑戦…といっても、使うのは話題のトミー製そば打ちマシン「いえそば」だ。
片手で数えるほどながら一応はそば打ちを経験した身、機械に頼れば楽勝! と、リハーサルもなくいきなり大晦日に臨んだのが、甘かった。

続きを読む "ぶっつけ本番年越し「いえそば」"

| | コメント (0)

よかったよかった-果実酒の酒税法違反問題

以前このブログでも書いた「自家製果実酒を飲食店などで客に出すと、酒税法違反に問われる」件。
与党が今回まとめた2008年度税制改正大綱では、そうした運用を改め、違反とはならないようにする方針が示されたそうだ。
2007.12.14 読売新聞 YOMIURI ONLINE

これで、近所の焼き肉屋の「自家製朝鮮人参酒」も安泰?
とりあえず、よかったよかった。

| | コメント (0)

松葉蟹

この間結婚した義理の妹からカニをもらった。
(正確には、私の実家に贈られたものから一杯チョロマカしてきたのだが)
彼の地の特産なのだ。

久々のカニ三昧、満足!

20071204
それにしても、カニの顔ってちょっとコワイ…

| | コメント (0)

Dreams

20070927

その個性的なラベルとエピソードで印象に残るイタリアワイン・イエルマン「ドリームス」。
デパ地下で久しぶりに出会い、しかもハーフボトルで手ごろ飲みごろ。
こりゃ、買うしかないでしょう。

やっぱうまい!

| | コメント (0)

草野球日記 2007 vol.14

長期戦線離脱していた我らがオカダ監督が、ついに復活
新メンバーのコタニさんとともに、不調バッカスの救世主となるか!?

続きを読む "草野球日記 2007 vol.14"

| | コメント (2)

自宅でビアホールの泡立ち…?

ビアスムーザー」というブツを入手した。
缶ビールの先につけてグラスに注げば、あっとビックリ、「ビアホールのような泡立ちが楽しめる」というフレコミ。
ワインボトルの先につけるポアラーの、ビール版といったところか。値段は1/10だが。

さっそく試してみる…というか、実はもう何度か試してみたんだけど、今イチうまくいかないんだよねー。

20070821

確かに泡がきめ細かくはなるんだけど、いかんせん、泡立ちが足りない。泡の割合が、いいとこ全体の2割。
もうちょっと、泡がこんもり盛り上がるくらいじゃないと、感じ出ないんだよな。

きっと、何かコツがあるに違いない…
この夏いっぱいかけて、追求してみたいと思います。

| | コメント (2)