« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

棚卸し映画感想メモ

季節はすっかり春、近所のノラねこものんきに昼寝。

20080325

…というマクラとは関係なく、最近見た映画の感想など。

魔法にかけられて
なんだか展開が荒くて、最初なかなかノれなかったんだけど…中盤の見せ場、公園でのミュージカルシーンは抜群!
気分が盛り上がったところで、あとはラストシーンまで一気。
「おとぎ話」のセルフパロディとはいいつつも、そこはやはりディズニーの職人芸が光る。
…しかし、脚本はやっぱり雑だったなあ。
もうちょっと練り込めば、すごく面白くなりそうなのに。惜しい。

ペネロピ
「誰もが醜いと忌み嫌う容姿」という設定に従い、特殊メイクの「ブタの鼻」を持つ少女…が、なんだかかわいく見えてしまうところに、作り手のセンスを感じる。
王道かと思いきや、予定調和を裏切る展開もまたよし。
ポスターや予告編の印象から、ヨーロッパ的な格調高さを期待すると、ちょっと「ん?」な感じもなきにしもあらず…なんだけど。
私は、期待以上に楽しめました。

潜水服は蝶の夢を見る
面白かったか面白くなかったかでいえば…うん、面白かった。
特にファーストシーンから序盤は、これぞ「映画館で見る映画」という表現形態にこだわり、考え抜かれた演出手法の連続。脚本・カメラワーク、すべてがスゴイ!
後半は、かなり冗長な印象も受けちゃうんだけど…とにかく、前半だけでも見る価値あり。

スルース
全体にガチャガチャと、騒々しい映画だったな。
昔のヤツが見たくなっちゃったけど…見る方法がないんだよねー。DVD出てないし。

| | コメント (2)

AnimeStudio

ネットをうろうろしていて、「AnimeStudio」というすばらしいフリーソフトを見つけてしまいました。
セルアニメ的アニメーションを簡単制作、というソフトなんだけど、何がすばらしいって、Photoshopで作った画像をそのまま動画データとして使えるところ。
Flashなんかに興味はあれど、今から新しいソフトを覚えるのはシンドイな~というナマケモノな私に、これはピッタシ!

というわけで、さっそくテスト作品。


↑クリックしてスタート

これはしばらくハマりそうだ!

| | コメント (2)

草野球日記 2008 vol.1

昼、医者で診てもらったところ、風邪+αもだいぶ回復。
おっと、今日は草野球リーグの開幕戦じゃないか。これから行けば、後半には間に合うゾ。
今年もいよいよ、草野球シーズン開幕だ!

…と張り切ってはみたものの、冬場はずっとヒキコモリでなんの準備もないまま、いきなり試合に出たからといって上手にプレーできるはずもなく。
さんざん失敗した上に、開幕戦から早くも最後のバッターになってしまいました…
キーッ!

まあ、動いて息が切れなかっただけでもヨシとするか。
先週までの体調不良具合では、とても草野球どころじゃなかったもんな…

今後はピッチを上げて、グラウンドでの活躍を目指す所存であります。

20080313

| | コメント (3)

ジェネリック薬

軽い風邪かと侮っていたら、アレルギーとの合体攻撃で鼻ノドの状態がひどくなり、慌てて医者へ。

診察&処方箋をもらい、調剤薬局に出したところ、
「このKという薬なんですが、実はジェネリック薬というものがありまして…」
と、薬剤師さんに一枚の紙を差し出された。
見れば、そこには「ジェネリック医薬品について」なる簡単な説明と、そのKという薬をジェネリック薬に変更した場合の差額が書いてある。
(なお、ジェネリック医薬品とは…日本ジェネリック医薬品学会・Q&A

ジェネリック薬。ニュース的な知識はあったけど、こうして選択を迫られたのは初めてだ。
うーむ…と悩む間もなく、
「安い方にしてください」

ちなみにその差額は、1錠あたり33.9円。健康保険で3割負担だから、実際の支払いは約10円安くなる勘定。
それが1日2錠×5日分で、計100円…たとえ100円でも、安いにこしたことはないじゃないか。

| | コメント (4)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »