« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

草野球日記 2007 vol.17

自己都合による欠席をはさみ、1ヶ月ぶりの草野球リーグ戦である。

聞けば、私が休んだ前回…急遽スカウトした助っ人女子大生プレーヤーの活躍で、見事勝利を収めたとか。
羨ましくも、その見知らぬ女子大生に負けまいと思う変なプレッシャーもあり…そんな妙な気の持ちようがアダとなったのか…

20071129

イチョウ並木もすっかり色づき、季節は晩秋。
気温かなり低め…とはいえ風は弱く、動けば汗ばむ草野球日和だ。

相手はおなじみ、ベテランマンガ家C先生率いるホワイターズ。
堅守を誇る強豪チーム。今季リーグ戦の覇権もほぼ手中に収め、メンバーの表情にも余裕が伺えるような。
このチームに勝つためには、無駄な失点はできないが…

続きを読む "草野球日記 2007 vol.17"

| | コメント (4)

Dreams

20070927

その個性的なラベルとエピソードで印象に残るイタリアワイン・イエルマン「ドリームス」。
デパ地下で久しぶりに出会い、しかもハーフボトルで手ごろ飲みごろ。
こりゃ、買うしかないでしょう。

やっぱうまい!

| | コメント (0)

結婚式in因幡一の宮

20071118

ツマの妹の結婚式に参列した。

因幡一の宮・宇倍神社にて、スタンダード神前スタイル。
初めて目にした新婦の「黒振袖」という婚礼衣装に、三々九度の杯を巫女さんが落とす―なんてプチハプニングもあったり(そんな時は、神主さんが神前に向かって軽くお祓いをする、ということを知った)、祭りで使われる貴重な「麒麟獅子」を新郎が持たせてもらい…興味深くも楽しく、よい式でありました。
何しろ、神様のマネージメントであるところの天気が、バツグンによかったしね。

Yちゃん、Sくん、末永くお幸せに!

| | コメント (2)

酉の市

20071111

今日は一の酉。
いつも駆け込みになりがちなんだけど、今年は珍しく初日に参拝。
大変な人出!

場所はおなじみの花園神社。
今回も「見せ物小屋」にはチャレンジできませんでした…

| | コメント (5)

「封印作品の謎」(安藤健二)を読んだ

以前から気になっていた一冊であるが、文庫化されたのを機に購入。

「核」と「精神医学」という二大タブーを取り扱った意欲作である。
大手メディア界の「ことなかれ主義」的自主規制に対し、時に逆らい、時に意外な展開を見せる取材過程は、なかなかにスリリング。
「封印作品」といえば「ウルトラセブン第12話」がおなじみであるが、その経緯はこれまで聞きかじっていたような単純なものではないということも、よくわかった。うーむ、なるほど…
著者自身が深く関わる最終章も、他とは毛色がかなり違うものの、サブカルチャーの「今」を象徴するエピソードとして興味深い。

期待以上に、正攻法なルポルタージュ。面白かった。
さっそく、続編も読んでみよう。

Amazon-Link…だいわ文庫「封印作品の謎―ウルトラセブンからブラック・ジャックまで」

| | コメント (2)

草野球日記 2007 vol.16

20071102

草野球リーグ戦も、いよいよ終盤。
秋深まるこの日。雲の多い空から時に太陽が顔を出す、さわやかな草野球日和である。
対戦相手はジャイアンツ。強敵だ。

第1試合、先攻は我がバッカス。
相手好投手の立ち上がり制球難をつき、先頭打者フジタさんの四球でチャンスを作ると、上位打線の見事な連打!
あっという間に4点を上げ、なおチャンスでバッターボックスに立った私は…

続きを読む "草野球日記 2007 vol.16"

| | コメント (2)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »