« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

スーパーコンピュータ世界最速レース・昨今

世界最速のスーパーコンピュータ! なんて話題、最近聞かないなぁ…と思っていたところ、目にとまったのが以下の記事。

「スーパーコンピュータTop500、IBMが依然トップ。日本勢はトップ10圏外に」
世界最速スーパーコンピュータを決めるTop500リストが6月27日、2007 International Supercomputer Conference(ISC)で発表された。
前回に続きIBMが首位を維持、日本勢は東工大の「TSUBAME」が前回の9位から14位にランクダウン、「地球シミュレータ」が20位となっている。
2007.6.27 ITmedia

なるほど…2002年に世界トップとなった「地球シミュレータ」以降、日本製スーパーコンピュータはずっと米国製の後塵を拝しているのか。
そりゃー、話題としても盛り上がるわけがないな。

コンピュータのスピード競争なんて、なんとなくバブリーで、あまり意味がないことなのかもしれないけど…技術立国・日本というからには、もっとがんばってほしい。と、勝手に思ったり。

やっぱ、Top100リストに日本製が3台しかないってのは、ちょっとさびしい気分だよ。

| | コメント (2)

続・梅雨…

20070626_1

この数日は、梅雨らしい空模様。
空気がベタついてうっとうしいけど…水不足も困るので、ここは我慢。
気象庁の3ヶ月予報によれば、今年の夏は暑くなりそうだ。

| | コメント (0)

朝日ソノラマ・店仕舞い

出版社の朝日ソノラマが、経営難から9月に解散することが決まった。
なお出版物は、親会社の朝日新聞社に引き継がれるとのこと。
(2007.6.21 毎日新聞 MSN毎日インタラクティブ)
(朝日ソノラマによるニュースリリース「当社は9月で店仕舞いします」)

うーむ、そうですか…
十代のころ、ソノラマ文庫のジュブナイルなんかよく読んだな~。
「マンガ少年」も好きだった。

―なんて、思い出にふけってる場合じゃなくて!
朝日ソノラマでは、昔「ほんとにあった怖い話」でかなり仕事したんだよね。
版権も生原稿も、まだ向こうにあるはずなんだけど…
面倒だが、一度連絡を取らねばなるまい。

最後に仕事してから、かれこれ10数年…ん? もしかしたら20年近く?
当時の担当編集さん、もういないだろうな…

| | コメント (0)

映画「キサラギ」を見た

自殺したマイナーアイドル・如月ミキの一周忌追悼会…集まったファンサイト常連5人は、その時が初顔合わせであった。
思い出話に花を咲かすはずの場に、投げかけられた一言。
「彼女は自殺じゃない。殺されたんだ」
そして、事態は意外な方向に…?

よかった! 映画館で声をあげて笑ったのも、けっこう久しぶりかも。

配役5人の密室劇ながら、飽きさせないスピーディな展開と役者の芸達者ぶりは言うまでもなく。サスペンスなのかコメディなのか、ミステリーなのかハートウォーミングストーリーなのか…そんなやや中途半端でモヤモヤした気分も、大ラストでスッキリ!
なんとなくニヤケ笑いを浮かべながら、劇場をあとにすることに…

うん、大満足の一本でした。

| | コメント (0)

梅雨…

20070615

梅雨入り宣言が出たと思えば、ビックリするようないい天気。
街並の陰ひなた、コントラストもくっきり。

| | コメント (0)

「ねこはまり道」掲載情報!

20070610 最新エピソード 「どこが違うの?」
お客さん苦手のひなが、時々顔を出すのは…?

ベネッセ刊「ねこのきもち」
2007年7月号(6月上旬配本)に掲載中!

「ねこはまり道」についての詳しい情報はこちらです。
よろしくー!

| | コメント (0)

草野球日記 2007 vol.7

20070607_2

快晴! 文句なしの草野球日和。

相手は、今年からリーグに新規加入したバトルライターズ。対戦するのは初めてだ。果たしてどんなチームなのか…
とはいえ、右手小指骨折のため、現在故障者リスト入りの私。今日はベンチから応援である…はずが、メンバー不足のため急遽出場!? 相手どうこうより、自分がマトモに野球できるのかってことが心配だ。

続きを読む "草野球日記 2007 vol.7"

| | コメント (0)

「オタク論!」(唐沢俊一・岡田斗司夫)を読んだ

あまり期待してなかったんだけど、意外と読みごたえがありました。

最近、岡田斗司夫の言うことを面白く感じることが多い。
前はそうでもなかったんだけど…相対的な年齢差が縮まったからかな。
今となっては、彼も私も同世代ということか…

Amazon-Link…創出版「オタク論!」

| | コメント (0)

トホホ…

草野球の練習で、球を小指に当てちゃってツキ指。
一晩湿布をしてもあまり腫れが引かないもんだから、近所の整形外科で診てもらうことにする。

レントゲン写真を手にした医者が、開口一番、
「折れてるね」
確かに、第一関節のあたりの骨が、パッキリ欠けている…
幸い「折れたあとの形がよい」ので手術の必要はないが、プレートを使って数週間は固定しなくちゃいけないとのこと。

そのプレート治療の用意ができるまで、診察室横のベッドに座って待っていると…奥から、院長が若手の医者を叱りつける声が聞こえてきた。
どうやら、若手が院長の指示内容を確認したところ、院長の方は彼が勝手な意見を述べたと勘違いしたみたいなんだけど…曰く「どれだけ勉強してきたつもりか知らんが、若いうちは目上の言うことに従え」「じゃなきゃ、これから伸びないぞ」「お前のようなタイプが、大変な事故を起こすんだ」「実際、それで裁判沙汰になってるヤツもいる」「そうなってからじゃ遅いんだぞ」…
まあ、いいんですけど…そういう指導は、患者に聞こえないところでやってくれないかなあ。
学生のころによく入った、いつもバイトに怒鳴り散らす店長がいる定食屋のことを思い出したよ。

しかし、この歳になって人生初の骨折とは…トホホ…
こうしてPCのキーを打てるぐらいだから、大したことはないんだけど。草野球プレーヤーとしては、投げるのと打つのに支障が出るのが困るなあ。
…ちっとは仕事の心配もしろって。

| | コメント (5)

草野球日記 2007 vol.6

20070601

試合でのあまりのテイタラクに、練習を計画したところ、天気予報は大雨。
天も我を見放したか…と思いきや、当日になってみれば夏を思わせる青空。
予報のはずれも、これなら大歓迎だな。

| | コメント (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »