« スパムトラックバック | トップページ | 映画「パフューム」を見た »

草野球日記 2007 vol.1

今シーズン初、久々の草野球は、リーグの公式戦ではなく練習試合。いわば、オープン戦といったところである。
天気は良いが、記録的暖冬から春になろうという最近では珍しいほどの気温の低さ。
そんな日に4ヶ月ぶりのグラウンド…怪我には気をつけなくてはなるまい。

相手は、ベテランマンガ家C先生率いるホワイターズ。
強豪である。しかも、今年もすでに1月から試合を重ねているとか。
対する我々バッカスは、「今年最初だし、勝敗はともかく、まずは練習のつもりでがんばりましょう!」とO監督。
なんとなく、試合の結果は見えているような…いやいや、勝負は時の運。何が起こるかわからない。

さて、第1試合。
バッカス先発投手はIさん。しかし、やはり今シーズン初登板ということで、立ち上がりは不安定。
そこを見逃すホワイターズではなく、連打・連打にトドメは4番打者のどデカいホームラン! 2回で、かなりのビハインド…
しかし、今年の柱と期待されるIさんは、そのままでは終わらない。3回以降は立ち直ると、別人のような好投! …と同時に、バッカス守備陣の動きも次第によくなり、特に三遊間のAくん・Oくんのフィールディングは軽快である。
今シーズンの展望は、かなり明るいと言えるだろう…試合は負けたけど。

続いて、第2試合。
先発投手は、実に1年半ぶりのTさん。そのブランクはさすがに長すぎたのか、往年のキレを見せた場面もあったものの、途中でマウンドをAさんに譲る。
驚きだったのは、そのAさん。やはり久しぶりの登板のはずなのに、伸びのあるストレートがビシビシと決まり、好打者・ホワイターズC先生をも三振に取る見事なピッチング!
私も、相手4番打者のレフト線ライナーをランニングキャッチで貢献…と、さりげに自慢しておくが、これもAさんの球のスピードが、打球を詰まらせていたが故の結果である。
今シーズンの展望が、さらに明るくなったところで…試合はやっぱり負け。

なんで負けたかなー…って、反撃ムードが最高潮に達したバッカス最終回の攻撃。3点を追って、2死1・2塁。
ここで一本出ていれば! ってところで凡退してしまった、私の責任が大であります。
うーん…打てん!

公式戦に備えて、バッティングセンター行って打ち込んできます…

|

« スパムトラックバック | トップページ | 映画「パフューム」を見た »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スパムトラックバック | トップページ | 映画「パフューム」を見た »