« 第2の人生 | トップページ | 「焼肉のたれ」ではなく「冬眠」だったそうだ »

チャレンジ健診

区の行政サービス「誕生月健康診査」というのに、初めて挑戦してみた。
無料なんだから毎年受けておけばいいものを、なにぶん誕生月を含めた3ヶ月以内に受診しなくてはならないという制約のため、これまではうまく機会を作れなかったわけだ…こういう〆切って、仕事よりさらに守れないモンだね。

近所の病院に問い合わせたところ、特に予約の必要はなし…というわけで、直接受付に向かう。
「健診受けたいんですけど」と申し出ると用紙を渡されるので、住所氏名のほか、病歴などを記入。それから、ロビーのベンチで待つ。
それなりに混んでいたので、どれほど待たされるかと思いきや…5分もしないうちに名を呼ぶ声。
どうやら健診は、診察・治療とは別の流れで進行するらしい。

まずは、身長体重を測定。
体重はともかく、身長を正確に測るなんてそりゃもうしばらくぶりのことで、なにやら感慨深いものがある。
続いて胸部のレントゲンを撮り、すぐに紙コップを渡されてトイレで採尿。
心の準備ができていなかったので、ちょっと焦るが…どうやら検査できそうなくらいにはして、再びロビーで待つ…ほどの間もなく、今度はベットの上で手足と胸に電極をつけて心電図を記録。さらに腕から血を抜かれ、返す刀で血圧測定。
最後に、胸と背中に聴診器を当てられ…意外なほどの、まさに“流れ作業”的スピードですべての行程が終了。
そのあと受付に呼ばれるまでの待ち時間が、いちばん長かったくらいだ。

なお結果が出るのは、翌日以降になる。
楽しみ…なのかな?

|

« 第2の人生 | トップページ | 「焼肉のたれ」ではなく「冬眠」だったそうだ »

コメント

おなかまわりは「メタボリック」サイズですが、血液検査、血圧はまったくの正常値なので「シンドローム」は免れております。
内蔵脂肪より皮下脂肪が多いんだよなぁ。

投稿: せんずい | 2006.12.22 16:07

健診の結果は「ノープロブレム」でした。
とりあえず、ホッとはしております。

>せんずいさま

先日我が家でも「カラダスキャン」のタグイを導入したのですが、それで測った自分の体脂肪率がちょっとビックリするような数字で、思わず「これ壊れてるよ!」と叫んでツマの失笑を買ってしまいました。
こりゃー、「かくれ肥満」って状態じゃないのかな…

投稿: 谷豊 | 2006.12.22 23:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第2の人生 | トップページ | 「焼肉のたれ」ではなく「冬眠」だったそうだ »