« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

「おりこうさん おばかさんのお金の使い方」(板倉雄一郎)を読んだ

どーも最近は生活がバタバタしていて、重厚な長編小説など、読もうという気がなかなか起こらない。
勢い、軽いエッセイやトリビアもの、この手のノウハウ本に手を出すことになるのだが…
まあ、頭を休めるぐらいの役には立つ。
書いてあることは…「ねえ、知ってる?」と、飲み屋で披露するのにちょうどいいレベルかな。

Amazon-Link…幻冬舎「おりこうさん おばかさんのお金の使い方」

| | コメント (4)

今さら確定申告入門

確定申告の時期ということで、同業者の間で評判のいい関連本2冊に目を通してみた。

「フリーランスを代表して申告と節税について教わってきました。」(きたみりゅうじ著・日本実業出版社) /AmazonLink
「日本一わかりやすいフリーのための確定申告ガイド」(はにわきみこ著・情報センター出版局) /AmazonLink

一般の個人事業主向け解説書ではページが割かれている「仕入」だの「在庫」だのといった項目はざっくりカット、いわゆる「フリー」と呼ばれる職業向けに特化した本である。
特に「フリーランス~」の方は、脱サラしてフリーライターとなった著者と覆面税理士の対談という趣向で、かなり「ぶっちゃけた」内容。
実務面ではそれほど役に立たないものの、単純に読み物として面白かった。

それにしても、両者、というよりこの手の本に共通しているのは…申告は「白」ではなく「青」でやれ、というススメ。
そりゃー、メリットはわかるけど…ここまで強く言われると、勘ぐりたくなる。
会計ソフトメーカーの回し者? とかね。

| | コメント (4)

歯のホワイトニング・その効果は?

歯医者・ホワイトニング日記。

さて、今回歯を白くする手段として、歯医者で用意されたのが「NITEホワイト・エクセル」というシステムである。
(紹介サイトはこちら
要は、過酸化尿素を主成分とした薬剤で、歯を漂白しちまおうって寸法だ。
漂白剤などと聞くと、そんなもん口に入れていいのかと、やや不安になるが…米国じゃ実績があるらしいし、日本でも厚生労働省の認可を受けたそうだから、大丈夫だと思うことにしよう。
てか、今さらやめるとか言い出しづらいし…

まずは、上前歯の型を取り、それでマウスピースを作る。
あとは自宅で、もらったジェル状の薬液をそのマウスピースに流し込み、歯にはめるだけでOK。
1日2時間以内と説明書には書いてあるが、
「寝ている間ずっとつけていただいておいてもいいですよ」
と歯科衛生士の弁。
(ホワイトニングは、医師ではなく衛生士の担当らしい)
本当か? 確かにそれなら、日中2時間我慢するより楽そうだけど…

はめてみると、意外と違和感はない。眠るのに支障はなかった。
(普段よりイビキが目立ったようだが…それがマウスピースによるものかは不明)
そして、朝。
…た、確かに白くなっている!
もちろん、美しい白とまではいかないが、ホワイトニングしてない下前歯とは、明らかに違う。
うーむ…さすが米国の薬品、恐るべし強力さ。

先が楽しみ。というより、ちょっとコワイ…

| | コメント (0)

宣伝…「小説 名探偵コナン・第2弾」発売!

好評につき第2弾!
「小説 名探偵コナン 殺人交響曲」(小学館・少年サンデーコミックススペシャル)
が、ついに発売されました。
今回ももちろん、原作コミックやTVアニメでは見られないオリジナルストーリー!


20050401 小説 名探偵コナン
殺人交響曲
(シンフォニー)

原作 青山剛昌
小説・本文イラスト 谷豊

新設された「杯戸音楽劇場」の
こけら落としコンサートに
招待された小五郎と蘭、
そしてコナン。
しかし三人を待っていたのは、
胸にナイフを突き立てられた
凄惨なる他殺死体だった!
劇場という閉鎖空間を舞台に、
不可解な殺人事件に挑むのは…
まさか「推理クイーン」園子!?

今回は本格ミステリー風味?
前作とはまた違った「小説コナン」の魅力を、ぜひ!

まだお読みになっていない方、前作「甲州埋蔵金伝説」もよろしくお願いします。

Amazon-Link…小学館「小説 名探偵コナン 殺人交響曲」
Amazon-Link…小学館「小説 名探偵コナン 甲州埋蔵金伝説」

(2006.2.17 記事改訂)

| | コメント (7)

「月刊BigBurn」配信開始!

インターネット&携帯電話配信
オリジナルコミック誌
「月刊BigBurn」
本日より配信開始!!

原作・原田和子 作画・谷豊
One For The Road
 ~今宵、最後の一杯

連載もスタートです!

■au携帯電話(WIN機)アクセス方法
 【EZweb】
 →【トップメニュー】
 →【カテゴリで探す】
 →【電子書籍】
 →【コミック】
 →【月刊ビッグバーン】
20060209-2

■Vodafone携帯電話(3G機)アクセス方法
 【Vodafone live!】
 →【トップメニュー】
 →【メニューリスト】
 →【書籍・コミック・写真集】
 →【電子コミック】
 →【月刊ビッグバーン】
(5月1日より、vodafone携帯電話でも配信開始!
 Vodafone版は、au版よりも高画質だそうです…私はauなので確認できない。残念。
 なおPC版は、2006.4 をもって配信を停止しております

石渡治さんの「GREEN FIELD」よかったです!
すっげー気合い入ってました。

もちろん、「One For The Road」もよろしくね!

(2006.5.1 記事改訂)

| | コメント (2)

マネーゲーム

ライブドア株に手を出して、ヤケドしました。
だって、ウワサの「マネーゲーム」ってヤツに参加してみたかったんだモン!
慌てて撤収…

でも、まだ諦めたわけじゃないヨ。

| | コメント (2)

歯医者・新テーマ

新・歯医者日記。

日記を見返してみれば、歯医者通いスタートが昨年の3月。
間もなく満一年…年末年始に間を空けたとはいえ、長いなー。
皆さん、歯の健康には気をつけましょう。

さて。
今後の治療テーマ、正確には「虫歯」ではない。
もう10~20年たつ前歯の治療跡に、だいぶガタがきていて、再治療した方がよさそう…との、女医先生のお達しなのだ。
一応は問題ない歯をいじるのは、あまり気が進まないが…なにしろ、
「今のうちなら、削って冠を被せれば大丈夫。しかしこのまま放っておくと、いつか折れる可能性がある。そうなっては手遅れで、差し歯にするしかなくなりますよ」
などと脅かされれば、首を縦に振らざるを得ないでしょ。

ちなみにこの女医先生、昨年後半からお世話になっている新しい先生だ。
医院に来たてのころは、先任の歯科衛生士たちとのコミュニケーションもままならず、こっちもかなり不安な思いを抱いたものだが…
最近はすっかり慣れたようだ。よかったよかった。

…とまあ、それはともかく。
前歯の治療といえば、金がかかると噂に聞く。
私の場合も、ご多分に漏れず…
  1.安いけど、変色しやすい。
  2.変色しにくいが、高い。

の二者択一を迫られた。

そういうふうに言われりゃー、選びますよ。高い方。
歯の変色なんて、嫌だもんな~。
しかし、10万円超。思わぬ出費だ…。

で、治療開始。
何しろやり直しなので、治療自体はスムーズに進む。
…しかし、そこでちょっとした問題が発生した。

治療した前歯に新しく被せる冠は、当然真っ白。
だが、その左右の歯は、それほど白くはない。私はコーヒー・お茶類が好きなので、シブが歯につきがちなのだ。
女医先生、首をかしげながら、
「…というわけで、歯の色が違ってしまうんですが、どうしましょうか?」
「それはイヤですね…」
「では、ホワイトニングしましょう」
なんでも数回にわたって、歯の研磨&漂白という行程をこなすらしい。
うーむ…図らずも、美容歯科の領域に踏みこむこととなってしまった。

…ん、待てよ。
変色しない高級歯を入れちゃうと、このホワイトニングを定期的にやらなくちゃイカンのじゃないか?

…安い方でよかったのかな? ひょっとして。

| | コメント (2)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »