« 「となり町戦争」(三崎亜記)を読んだ | トップページ | 「ねこはまり道」執筆中! »

草野球日記 2005 vol.3

気温は25度オーバー、ただし薄曇り…蒸し暑い、草野球日和である。

リーグ戦、今回の相手はジャイアンツだ。
ジャイアンツは昨年最下位。与しやすい相手と思われた…なんて。一昨年までの自分たちも、試合すれば負けの最下位チームだったことを忘れちゃいけない。

ジャイアンツの先発投手は、安定感がありそうな、なかなかの速球派。こちらバッカスの先発がエース・Uさんであることを考えると、投手戦になると思われたが…
当日のグラウンドは、前日までの雨でかなりやわらかい状態。特にマウンドは、かなり投げにくい状態だったようだ。
そのせい、というわけでもないだろうが、試合は点の取り合いに。お互い打線がよくつながり、2点取れば3点取り返す、といった乱打戦の様相。珍しく、外野が忙しい…

そして、最終回裏。得点は、6-7 と1点のビハインド。
だが、ここでバッカスは、昨年優勝の原動力となった粘りを発揮。2死1・2塁のチャンスを作ると、この日好調のFさんが、見事センター前にタイムリー!

結果、第1試合は7-7の引き分け。
決着は、第2試合に持ち越された…

引き続き、第2試合。
我が先発ピッチャー・Tさんが素晴らしい立ち上がり。カーブが冴えわたり、1・2回をパーフェクト!
打線も、相手ピッチャーの軟投に苦しみつつも、2点を先制。幸先ヨシ、と思われたが…
しかし、好事魔多し。試合中盤、ジャイアンツ突如の連打! Tさんも悔やむ、エアポケット的な失点シーンであった。やはり、今日のジャイアンツ打線はよく振れている…

とはいえ、チャンスの神様は平等だ。
2-9と劣勢の中、ようやく相手投手のスローボールに合ってきたバッカス打線が、連続ヒット。2点を返し、なおも1死満塁という大チャンスで、打席に立つのは…
何を隠そう、私であった!

ここで打てば、ヒーローだ…邪念が脳を支配する。もー、力入りすぎだよ。
初球、振り抜いた打球は痛烈に3塁線を襲うゴロ! が、ベースについていた相手サードの正面へ。5-2-3と渡って…なんと、ダブルプレー!
草野球で、こんなに鮮やかなホームゲッツーが見られるなんて思わなかった―とか、言ってる場合じゃない。やられたのは自分だってーの。しょぼん…。

だが、そこは粘りのバッカス。
そんな私の大失敗にショックを受けることなく、最終回表に怒濤の反撃! 一気に5点を返して、9-9 の同点だ。
これだから、野球は分からない…

そして…
やはり乱打戦の流れは変わらず、試合は 9-10× のサヨナラ負け。残念な結果に終わったが、それでもバッカス史に残るナイスゲームだったと思う。
ああ、あの満塁のチャンスで、ダブルプレーにさえなっていなければ…
くそー、取り返すぞー! まずはバッティングセンターで特訓だ!

というわけで、今期の通算成績は 2勝3敗1分。
負け越し借金返済のため、次回も気合いを入れてがんばろう!

|

« 「となり町戦争」(三崎亜記)を読んだ | トップページ | 「ねこはまり道」執筆中! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「となり町戦争」(三崎亜記)を読んだ | トップページ | 「ねこはまり道」執筆中! »