« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

シュールな落とし物

道端に、妙なモンが落ちていた。

20050429

家庭用VTR機のリモコンである。
傷や汚れも目立たず、まだ新しい品物のようだ。
しかし、リモコン…そうそう持ち歩くものでもなかろうが、ではなぜ、こんなところに?

想像をたくましくしてみる。
完全犯罪をもくろむ殺人者が、リモコンをポケットにしのばせて、被害者となる人物の家に向かう。アリバイ工作のため、その家のVTR機を操作することが必要なのだ。しかも、その家にあるリモコンには、操作の痕跡を残すことなく…。
犯行をすませ、急いで現場を離れる殺人者。だがその時、うっかりとリモコンを落としてしまう。
数刻たって、殺人事件の現場を訪れる名探偵。現場には犯人を示す証拠はない…が、近くの路上に落ちていたリモコンに、名探偵は不審を抱く。
…なんつて。ミステリー読み過ぎ。いや、それほど読んでいるわけでもないんだけど。

現実には…引越か廃品回収の最中に、落とされたものかな。4月という時節柄。

| | コメント (0)

オレンジデー

今日は「オレンジデー」。

なんつって、実は私も、昨日知ったばかりなんだけど。

まあ、その内容をご存じなくても、「14日」という日付からだいたい想像つくと思うが…まさに、その通り。「バレンタインデー」「ホワイトデー」に続く、「ふたりの愛を確かなものにする日」である。
カップルで、オレンジを使ったケーキやデザートを食べたり、オレンジ色のプレゼントを贈り合ったりとかなんとか…。

オレンジの花言葉は「花嫁の喜び」。
欧米では(この「欧米では」というのがまた、典型的な枕詞だが)オレンジは結婚と縁の深い果物だそうで、そんなところから1994年、愛媛県のみかん農家が考案したのが、その由来らしい。
(2005.4.13 読売新聞朝刊 より
 参考 「今日は何の日~毎日が記念日~」4月14日

読売新聞の記事は、「数年後にはもっと広がっているかもしれない」と結ばれているのだけど…。
うーん、微妙。

ちなみに同じ4月14日、韓国では色が変わって、その名も「ブラックデー」。恋が実らなかった者同士が、ジャージャーめんを食べながら慰め合う日なのだそうだ。
(参考 「プサン観光情報ガイド・プサンナビ」チャジャンミョン
こっちの方が、だいぶ説得力があると思う。

| | コメント (2)

海鮮&シーフード?

このごろはやり? なのかどうか…とにかく、コンビニなどでよく見かける「カップ春雨(はるさめ)」とか、そんな類の新しいインスタント食品。
量も少なめで手軽、カップラーメンよりは微妙にヘルシー感があったりして、なかなかのヒット商品となっているようだ。

さて、ある日のコンビニ。そのカップ春雨が並んだ棚を、何の気なしに眺めていたら…目についたのが、エースコック・はるさめヌードル「海鮮シーフード」味

海鮮シーフード
「海鮮」と「シーフード」って、意味カブってない?

念のため、広辞苑を引いてみると…
 海鮮=新鮮な海産物
 シーフード=魚介類・海藻類などの水産食品の総称
やっぱり、カブってるな。
意味からすれば、「シーフード」なしの「海鮮」だけでいいような。

あえて、そんな言葉のオカシサを狙っているのかな…と思って、他の商品を見てみると。
「 ワンタンしょうゆ」「担担麺」「ピリ辛チゲ」…うーん、普通。

どうにも気になってしまったので、買って食してみることにする。
味は、まあまあというか…うーん、やっぱり普通でした。

| | コメント (0)

草野球日記 2005 vol.1

春本番、草野球シーズン開幕!

メンバーもまとまり、今年から生まれ変わった我がチーム・バッカス。
連続優勝を狙って、装いも新たに…といきたいところだが、残念ながらメーカーの都合により、新ユニフォームは間に合わず。それでも、これだけは配布された、赤地に金で「B」と刺繍された真新しい帽子をかぶると、俄然その気になってくる。

開幕は、対バーツ戦ダブルヘッダー。年間20試合で行われるリーグ戦の、大事な初戦だ。
ところが…エースのUさんは、体調不良のためお休み。
Uさんは昨年先発した10試合、すべて完投。レギュラー最年長ながら、いちばん元気というタフネスなのだが…まずはゆっくりと休んでもらって、完調での復帰を願いたいと思う。

というわけで、初戦の先発は、鋭いカーブが武器のTさん。Uさんとともにバッカスを支える、二本柱のひとりである。
試合は…コントロールに苦しむ相手投手を攻略した我がバッカスが、序盤からリード。Tさんの投球も冴え、11-6 で見事勝利! …とのことであった。

「とのことであった」というのは…いやー、申し訳ない。
ここまで偉そうに書きつづってきたものの、実は私、この日は遅刻。第2試合が始まったころ、ようやくグラウンドに到着というテイタラクだったのである。
昨年末に立てた目標「シーズンフル出場」は、早くも崩れ去ってしまった。ていうか、早すぎ…。

さて、第2試合…初戦の勢いそのままに、我がバッカスが先制。だが、相手バーツもそのままで収まるはずもなく、ウチの先発・Oくんを捉え、守備の乱れなどもあって逆転。どうやら、打撃戦の様相だ。

そして中盤。我が方やや劣勢の中、途中出場の私に、ついに打順が回ってきた!
2死3塁、ここは一本欲しいところ…告白せねばなるまい。私はこの日、遅刻しただけではなく、都合により徹夜明けでもあった。このトシで、徹夜はこたえる。太陽が黄色い…。
しかし、私の手に握られているのは、何を隠そう新兵器! この春衝動買いしてしまった、新しいバットだ。超軽量ながら、ヒミツのテクノロジーによってスゴイ打球が飛ぶという、ミズノ製ビヨンドマックス・バットである…足りない実力は、道具で補うべし。

相手投手の2球目―甘いところ、強振! 打球はレフト方向、空高く舞い上がる…はずが、なぜか逆方向の1・2塁間へ。スイング遅すぎ…。
だが、それが幸い。ライト前のヒットだ、わーい!
ドタドタと1塁に達し、相手ファーストの「ナイスバッティング」のエールにゴキゲンな私。だが、視界は揺れ、膝はガクガク…い、いかん。寝不足の影響が…。

2死1塁。ここは、盗塁でチャンスを広げるのがセオリー。
そりゃー分かっているんだけど、足が言うこと聞かないのヨ。

まごまごしているうちに、その回はチェンジ。
そんな、私の覇気のなさが響いたわけでもないだろうが…反撃及ばず、試合は 9-14 の敗戦に終わった。

ただ、この試合、我がチームにとっても大きな収穫が。
リリーフで公式戦初登板(だったと思うんだけど…違っていたらごめんなさい)のIさんが、なかなかの好投を見せたのだ。
次回の登板が楽しみである。

結果、我がバッカスの今シーズン、スタートは1勝1敗となった。
まずまず…といったところだろうか。

私的な課題としては…なにしろ遅刻しないこと。それから、試合中にふらふらしないような体力をつけておくことである。
…草野球以前の問題だなあ。

| | コメント (0)

歯の麻酔と「星に願いを」

続・歯医者通い日記。

まずは、欠けた奥歯の治療である。
虫歯になったところを削って、もしそれが深くまで進んでいるようだったら、神経を取ってしまいましょうね…とかなんとか、歯医者の女医先生は、きれいな笑顔でオソロシイことを言う。
(なんて、マスクをしているから、笑顔かどうかは分からないんだけど)
神経抜くのはイヤだなあ…とはいえ、逃れる術はないのだけれど。

さて、治療は局所麻酔の注射からスタート。
歯茎に、注射針が刺さるチクッとした痛み。そして、薬液が注ぎこまれる、なんとも不快な感じ…。

と、その時。耳元で音。

それは、一昔前の携帯電話の着信音のような、チープな電子メロディ。
なんだか聞いたことがあるような…ああ、あれだ。ディズニーの「星に願いを」。

やがて、薬液の注入が終わると同時に、その音も止まった。
どうやら、麻酔注射を行っている間、メロディが流れる仕掛けのようだ。
注射の不快感を軽減する、いわば「癒し効果」を狙っているのだろうが…。

これって、最近はどこの歯医者でもそうなのか?
まあ、この歯医者の独自開発とも思えないから、けっこう普及してたりするのかもしれないが…。

だいたい、なんで「星に願いを」?
とはいえ、同じディズニーでも「エレクトリカル・パレードのテーマ」あたりじゃ、今ひとつ「癒し」っぽくないし、悪いとは思わないけど。
あるいは、ほかの曲を選んだりすることもできるのだろうか?
またあるいは、ディズニー以外にも、たとえば人気アニメ主題歌とか最新Jポップバラードとか、そんなバージョンの麻酔注射マシンがあったりもするのだろうか?

先生に聞いてみようか。
でも、変なこと聞く患者だと思われるのも、なんだしなあ…。

などとことを考えていたら、いつの間にか神経まで抜かれ、
「はい、終わりですよ」
先生の声とともに、その日の治療は無事終了した。

まあ、治療中、気がまぎれたのはよかったんだけど…。
未だ気になる、「星に願いを」の謎である。

| | コメント (0)

宣伝…「小説 名探偵コナン」好評発売中!

私こと 谷豊 が書いた小説…
「小説 名探偵コナン 甲州埋蔵金伝説」(小学館・少年サンデーコミックススペシャル)
が、4月6日に発売されました。
コミックやTVアニメとはまた違った、オリジナルストーリーをお楽しみください。

20050401 小説 名探偵コナン
甲州埋蔵金伝説

原作 青山剛昌
小説・本文イラスト 谷豊

山奥で道に迷ったコナンたちは、
ふとした偶然から
武田信玄の埋蔵金を巡る事件に
巻き込まれる!
謎の二人組に誘拐された
歩美と哀は!?
秘宝のありかを記した
暗号文を巡って、
コナンの推理がさえる!!

自信作です!
面白いです!
ぜひ!!

Amazon-Link…小学館「小説 名探偵コナン 甲州埋蔵金伝説」

(2005.4.7 記事改訂)

| | コメント (6)

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »