« 耳の手術 | トップページ | 続・耳の手術 »

新札を手にして思った

それはそうと、新しい紙幣が発行されて、はや2週間あまり。
私もようやく、千円から五千円・一万円札と、新紙幣をひと通り目にはしたが…今ひとつ、新鮮に感じられないのはなぜだろう?
前回・20年前の新紙幣発行時には、もうちょっと感動があったような気がする。

思うに、新札と旧札に、さして大きな変化がないのが原因ではなかろうか。
大きさや色合いに、違いはないし。
肝心の肖像画にしたって、一万円札は同じ福沢諭吉。五千円札の樋口一葉は、確かに目新しいけど…いかんせん、ほかの紙幣に比べて、手にする機会自体が少ないし。(実際、五千円札の流通枚数は、全紙幣のうち4%弱だそうだ)

それでは、我々庶民からして、最も身近と思われる千円札はどうか。
肖像画も新しくなり、だいぶ印象が変わっているはずだけど…。

20041117.gif

はっきりいって似すぎ!
背広にヒゲ、広いオデコ…違いは髪形ぐらいじゃん。
これじゃ、新鮮に感じられないのも無理ないよ。

経済効果とやらを狙うんだったら、もっと大胆なデザインチェンジが必要なんじゃないかなあ。
まあ、主目的は偽札防止なんだから、別にこれでいいのか…。

|

« 耳の手術 | トップページ | 続・耳の手術 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 耳の手術 | トップページ | 続・耳の手術 »