« チャック | トップページ | クマを助ける「ドングリ作戦」 »

優勝だ!

わーい、優勝だ! うれしいな♪

なんの話かって、草野球である。
私の所属する草野球チームが、ついにリーグ優勝を果たしたのだ!

いやいや、これじゃまだ、何がなんやらよく分かるまい。
もうちょっと、詳しく書くことにしよう。

プロフィールの「興味があること」欄に草野球と書いているとおり、私は草野球が好きだ。
草野球は、運動量もほどほどで、上手な人も下手な人も一緒に楽しくやれる、すばらしいスポーツである。
(ちなみに私は、もちろん下手の横好きの類だが)

そんな私も、ここ十年くらい、草野球とはすっかりご無沙汰であった。
二十代のころは、そりゃあもう、毎週のように試合をしていた時期もあったものだ。
しかし、いかんせん、メンバーそれぞれ、多忙になったり疎遠になったり…いつしかチームも解散状態になり、私もボールすら握らない日々が、長く続いていた。

そんな生活に変化が訪れたのが、三年前…知人による、新チーム立ち上げの報。
それをきっかけに、私は再び、草野球界に舞い戻ったというわけなのである。

現在、私の草野球活動の中心となっているのが、冒頭にも出たリーグ戦だ。
所属しているのは、ベテランマンガ家のC先生やK先生のチームや、変わったところでは、テレビの将棋解説でおなじみのT九段の率いる棋士チームなど、全部で6チーム。
基本的には趣味の草野球チーム同士だが、それが1年間に渡って各20試合・計60試合を戦って優勝を決めるという、なかなか本格的なリーグなのである。

そんな中、私はマンガ関連専門校の先生・Oさんのチームの仲間に加えてもらっている。
私が入った最初のころ、チームは実に弱小であった。お荷物球団という、不名誉なあだ名さえ…何しろ、その年は全部で2勝しかできなかったのだ。
それがどういった加減か、急に勝てるようになり、昨年は準優勝でシーズンを終えることとなる。
年齢的にはもう若いとはいえないメンバーの集まった我がチーム、多少練習したからといって、それほどうまくなるはずもないのだが…まあ、強くなって文句を言う筋合いもないか。

そんなわけで、気合の入った今年。
11月の最終戦に見事勝利して、我がチームはついに優勝の栄冠を勝ち取ったのであった。

それにしても、3対0とリードして迎えた最終回は、すごかったな。
何がすごいって、メンバーの緊張ぶり!
信じられないような、凡エラーの連続。「みんなー、ラクにラクにー」などと、私は球のあまり飛んでこない外野で気楽に声を張り上げていたが、これがフライでも上がってこようもんなら、いったい何をしでかしていたことやら…。
1点差に追い上げられ、なおランナー2塁…その時マウンド上のピッチャー・Yさんは、同点までは覚悟したそうだ。

だが、勝ってしまえば、それも愉快な思い出である。

ただ、私には個人的に残念なことがある。
最終戦のひとつ前、負ければ後がないという首位決戦の天王山…10月に行われたその大事な試合に、私は予定が合わず、出場することができなかったのだ。
それはもう、非常に盛り上がった試合だったとの話。そこにいられなかったことは、やむを得ないとはいえ、悔いが残る…。

と、いうわけで…来年の目標は、シーズンフル出場だ!
…とかいって。それは不安定社会人の私にとって、ホームランよりもファインプレイよりも、何よりも難しいことだけど。

|

« チャック | トップページ | クマを助ける「ドングリ作戦」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チャック | トップページ | クマを助ける「ドングリ作戦」 »